お寺について

戦国時代、御船城の城主であった甲斐宗運にゆかりの者が、世の無常を悟り、安土・桃山時代に建立したお寺で、江戸時代、熊本藩の有明海干拓事業の折、干拓工事を時の城主が視察する際の休憩所ともなりました。

明治・大正期には僧侶の学問所「月光窟精舎」が開設され、五岳や頼山陽等の俳人も立ち寄り、多くの学僧を輩出しました。

「護法山」の山号をもち、仏の教えを現在に伝え、いのちをいただかれたお一人お一人が「自らを灯とし、法を灯とし」(釈尊)真の生きる意義と喜びを賜られることを念じ、日々法務を勤めております。

 

 

 

 

 

 

*写真は、江戸期、熊本城主が寺に立ち寄られた折、使用されていた手ぬぐい掛け。熊本城主細川家の家紋(細川九曜紋)と浄玄寺住職吉尾家の家紋(竹ノ輪ニ九枚笹)がちりばめられている。